遺品整理は業者に依頼がするのが一番!

遺品とは?

遺品とは生前、故人が使用していた全ての物を言います。それらの価値は残された遺族にはわからないケースがあるため、遺品整理業者に依頼することがあります。神戸や兵庫、埼玉など各地にそういった業者があるので、必要なものを準備して作業をしてもらいましょう。

遺品整理作業当日に必要な物

  • 業者に支払う金額(できればピッタリな金額になるように)
  • 仕分け作業時に使う手袋
  • 業者のための飲み物・お菓子など
  • 休憩スペースの確保(業者が仕事しやすい様にしてあげると効率UP)

絶対にしてはいけないこと!

専門業者の仕事はキケンなものが多いです。遺品整理もキケンな作業になります。そのため作業中は依頼者はまっておくのがベストです。中には作業を手伝う方もいますが、専門知識がないならヤメて下さい。

守って欲しい!依頼時の注意点

遺品整理の作業場頻繁に来ない!

依頼者に見られないように仕事がしたいというわけではなく、作業中は重い物を移動したり、割れ物を運んだりと動くことが多くなります。その時、依頼者が進路上にいるとキケンです。万が一、落としてしまってケガをしてしまうと大変なことになります。なので、安全面、作業効率を考えると頻繁に来るのではなく、たまに、もしくは、邪魔にならない場所を確保しておきましょう。

不用品か相続するものか一緒に仕分けして欲しい!

遺品整理業者は、依頼者とは全くの他人です。そのため、依頼者にとって何が必要で何が要らないのか業者はわかりません。中には「使えそうなものは残しといてね」といって仕分け作業をしてくれない依頼者もいます。業者判断で行うと後々トラブルになりかねないので、作業は一緒にしましょう。

何でもかんでも処分してと言わないで!

コチラは最も重要です。全て要らないと言う方も少なくありませんが、故人のコレクションしているものが、すごい金額で売れる場合もあることを忘れないで下さい。例えば、掛け軸や絵画、壺などをコレクションしている方の場合は何でも処分せずに、まずは鑑定に出しましょう。もしかしたら、遺品整理の費用以上の金額になるかもしれませんよ。

夏の遺品整理は大変。

暑い中、作業をする業者にとって熱中症になる可能性があります。例え室内作業でも要注意です。もし作業をする場所にクーラーがあるなら、付けて冷やして下さい。もし無くても、扇風機などは付けるようにして対策をしてあげましょう。

業者に依頼したほうが良い理由

no.1

大変な作業も代わりに行ってくれるので楽!

何といっても業者に依頼することは楽で便利です。重い物でも高い位置にある物も代理で整理してくれるため、手間がかかりません。特に高齢の方になると、こういった作業は大変です。万が一ケガをしてしまう恐れもあります。

no.2

整理する時間が短くなる

整理する時間が短くなると大きなメリットに繋がります。そのメリットとは何かというと、故人のことに集中することができます。遺品整理を業者にお願いして、様々な手続きや今後のことに集中することができるのです。やるべきことを同時に行えるためオススメです。

no.3

不用品の処分が楽ちん!

遺品整理をしたら必ず出てくるのが不用品。それらを処分するには、大変な労力が必要です。そういった処分も一括して行ってくれるため楽ちんです。また遺品の供養も一緒にしてくれるため一挙両得な業者もありますよ。

[PR]

遺品整理なら埼玉の業者に頼もう
丁寧で安全な施工をしてくれる♪

遺品整理なら西宮の人気業者に頼もう
まだ使えるものなら買取してくれる☆

遺品整理は神戸の業者にお任せ!
不用品の回収や処分をしてくれる☆

兵庫の遺品整理業者を利用しよう
不用品を回収してくれるのが魅力のひとつ☆

遺品整理なら千葉の業者にお任せ!
サービス内容を要チェック!

遺品整理の基本知識

電卓とトラックのおもちゃ

故人の所有物はどうするのか?

亡くなった方の物をどうするかは2種類あります。1つ目は処分、2つ目は相続です。処分に関しては、単純に要らない物を捨てるということです。相続は、そのまま使う、所持するということになります。

遺品整理とは

遺品整理とは、上記で紹介した相続するのかしないのかを見極める作業になります。また、そういった物を処分する場合の手続き方法にも精通しているため、安心して依頼することができます。そして、西宮には優良業者が多くいるでしょう。

遺品整理をした後

整理した後は、遺品の形見分け、買取、供養をそれぞれの遺品に合わせて行ないます。この分別は必ず行うことを忘れないでください。特に形見分けはしっかり行ないましょう。ちゃんとしないと故人におこられてしまいますよ。